• 浄水器にはいくつものタイプがある

    家庭用の浄水器を設置希望されている場合には、最初にどのタイプを導入するのかを決めることとなります。価格の違いや性能の違いが大きい製品ですので、じっくりと選び納得できる浄水器選びを行いたものです。

    まず基礎知識としてどのようなタイプに分けられるのかを見ていきましょう。

    浄水器情報探しに特化した総合サイトです。

    安く購入できる浄水器であり、人気が高いものがポット式のタイプです。



    水道水を注ぎ込むことでその内部に設置されているフィルターを通過し、綺麗な水となってポットの内部に貯めていくことができるという仕組みです。構造が簡単であり、フィルターも比較的安価に購入できること、本体ごと冷蔵庫で冷やすことができるという利便性で、2台目として使用している人の多いタイプでもあります。


    使いたい時にすぐに浄水が出せる蛇口直結タイプの浄水器は、最も多くの販売数がある人気の製品です。


    価格帯は1万円前後と求めやすいということ、カードリッジ交換式のフィルターで本体ごと交換する必要がなく維持費がリーズナブルであること、価格と比較して浄水性能が高いことなど、コストと性能のバランスの取れた製品です。

    手元の操作で水道水と浄水を使い分けることができるという使い勝手の良さも魅力です。



    据え置き式のタイプは価格帯が上がるものの、高性能であることから根強い需要に支えられています。電気の力でアルカリイオン電解水を生成できる製品や、逆浸透膜を利用して高度な浄水を生成できる製品など、コストに見合った高品質な浄水を得られます。