おすすめの資金調達方法ファクタリングの解説

subpage01

ファクタリングは2社間と3社間とがあります。
サービス提供会社は、片方のみ行っている会社と両方行っている会社に分かれます。

片方のみ行っている場合は、作業が単純化高利化しているので、入金までの速度が速く手数料が安い場合が少なくありません。


両方を行っている場合は、自社の都合に合わせて2社間と3社間の使い分けをすることができます。
会社によっては、資金調達コンサルにも対応している会社があります。自社に一番利益が出る様な、会社を選んで利用するのがおすすめです。ファクタリング手数料は、3社間の場合は買取り売掛金の額に対して1%から5%程度が相場だと言われています。2社間の場合は買取り売掛金の額に対して10%から30%程度だと言われています。

お金を手元多くの残したい場合は、3社間の方がおすすめです。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

2社間は、迅速さと売掛先に売掛金の売却が知られないことが魅力です。


手数料に関しては、継続してサービスを利用した場合会社の判断で安くなる場合があります。



可能であれば、同じ会社を利用した方がいいでしょう。何度かサービスを利用していると、契約がよりスムーズに行く様になります。
入金は、契約が成立した当日から契約が成立した日から1週間以内が目安になります。会社により、入金速度は異なるので事前にこの点を確認しておくことをおすすめします。

土日祝などが、入金作業が止まることもあります。


会社によっては、24時間365日ホットラインでのファクタリング対応をしている会社もあります。